台湾旅行ランキングへ

台湾修学旅行

台湾に修学旅行に行くことなったらゼヒ知っておいていただきたいことを台湾現地からお伝えしていきます

お小遣いはいくら持っていく

 f:id:tw_shugaku:20180314231034j:plain

 お小遣いは学校によって額が決まっていることが少なくないので、いくら持っていくべきまでは言えませんが、おおよその目安はあります。

 もしスケジュールが完全な研修旅行で、自由時間も外出もなく、日程にお土産屋立ち寄りもなく、空港免税店すら行ってはいけない場合、お小遣いはほとんど要らないでしょう。

 標準的な日程ですと3泊4日〜4泊5日で土産物店1〜2店、他に故宮博物院ミュージアムショップやタイペイ101展望台売店、九份や十分の自由時間でお金を使う機会があります。ホテル近くのコンビニへ時間限定で買い物に行ってよしとする学校さんもあります。こういったスケジュールの場合、1〜2万円くらいでやりくりしている生徒がほとんどです。食事が足りなくてコンビニでラーメンやスナック菓子を買って部屋でワイワイやる生徒もいます。お土産は家族だけでなく部活の仲間、インフルエンザで不参加になってしまった友達などにも買うなら、途中で両替する必要も出てくるかもしれません。

 こういう確実に消費するであろうお金以外にも、海外ということで予備費も必要です。病気ケガなら保険でキャッシュレス診療が受けられる病院が台北にも高雄にもあります。しかし自己責任による過失の場合、意外な出費が必要になることもあります。例えばスーツケースのキーを紛失して鍵屋の出張を依頼した費用。台中の忘れ物を台北に郵送してもらった送料、これらは皆本人の支払いが基本です。ですから4泊5日なら3万円ほど持っていったほうが安心じゃないかと考えます。