台湾旅行ランキングへ

台湾修学旅行

台湾に修学旅行に行くことなったらゼヒ知っておいていただきたいことを台湾現地からお伝えしていきます

事前準備は大事です(生徒編)

 f:id:tw_shugaku:20170917233539j:plain

 修学旅行先が海外ということで初めてパスポートというものを取得したのかもしれませんね。団体旅行とはいえ外国に行くことに不安と緊張をおぼえるでしょうか。それとも期待がそれらを上回るでしょうか。
 まず安心してほしいと思います。なぜなら台湾は日本人がもし初海外旅行するなら、最適、最推し、最優先考慮の国だからです。話す言葉は異なりますが、町中には「銀行」「眼科」「焼肉定食」といった見慣れた漢字が溢れています。日本語が話せる人だってあちらこちらにいます。文化も近いです。「米のご飯を食べる」という行為を世界的に見てみるとどうでしょう、皿にもったライスをフォークで食べる民族、竹籠に入れた糯米を手づかみで食べる民族、碗にはもるが碗はテーブルに置いたままスプーンで食べる民族もいます。皆さん日本人は碗を持って箸で食べていませんか?実は台湾人も一緒なんです!
 さて事前準備ですが、これは気持ちとか知識とか内面なものと、スーツケースや服装といった装備に分かれます。まずはこれからどんどん決まっていく日程を見て期待を膨らませてください。訪問地もわかったらそこについて下調べもいいでしょう。但しウイキペディアなど文字中心のサイトで調べることをおすすめします。個人的には写真や動画で事前に見てしまうと、実際に見た時の感動が薄れる、ただ以前見た映像の確認作業になってしまう、といった弊害があるなと思うからです。日本と台湾の交流の歴史はいい書籍もいっぱいあるので是非複数読んでおいていただきたいです。それから皆さんの周りの台湾、地域と台湾のつながりも見つけておくと、現地の人との交流の一助になります。なんでもいいのです。お父さんが昔台湾に出張していた。先輩が最近台湾アイドルにハマってる。上司はいつも台湾のお茶を飲んでいる。近所のイオンモールにやたら台湾人らしい人がいっぱい買い物してる。そのイオンで最近台湾のマンゴーかき氷を売り出した。近くの神社に台湾人が建てた石碑がある。アルバイト先のレストランに 日本人と結婚した台湾人のおばさんが 働いている… とにかく何でも良いので見つけてください。
 装備についてはこの後別項を設けて 説明していくつもりですが、服装は訪問都市の昨年同時期の 気温を参考にして選んでください。 ただし夏でも車内や室内は寒いので上着は必要です。 日程に故宮博物院が入っている場合はリュックサックの持ち込みができません。 肩掛けのカバンかボディバッグ、ウエストポーチなどが必要です。 スーツケースに関しては、 人から借りるという手もありますが、 これを機に新しいものを買ってもらうといいと思います。 しかもできるだけ壊れにくい良いものを。 今後国内海外問わずあちこち旅をしていただきたいですし、 長く使いたいならできるだけ品質の良いものをお勧めします。 大学生、社会人になったら自分のお金で買うことになると思いますが、 高校生のうちから持っておけばその分のお金を 旅行を充実させる方に回せますよね。 旅行の度にスーツケースを借りるというのは、 人に貸しを作るということにもなりますし面倒をかけることにもなります。 旅行が億劫になってはいけません。 思い立ったらすぐに旅に行けるようにしておくという意味でも手許にあなた専用のスーツケースがあった方が良いといういう所以です。