台湾旅行ランキングへ

台湾修学旅行

台湾に修学旅行に行くことなったらゼヒ知っておいていただきたいことを台湾現地からお伝えしていきます

修学旅行中も部活練習?

f:id:tw_shugaku:20190904171600j:plain

〈画像は台中市の台中公園〉

 日本の高校生は台湾の高校生に比べて部活動の加入率が高く、運動部に入っている生徒の数も日本の方が多いです。

 スポーツの名門・有力校、そして高校生選手も、修学旅行ともなればみな一人の生徒として台湾にやってきて観光して交流もすることになります。

 大会が近いというある部活は、修学旅行中も朝練習は欠かせないそうで、ホテル近辺で安全に走れるコースを聞いてきました。川沿いや公園、大学のキャンパスがちょうどよさそうですが、ホテルからそこへ行くまでが交通量の多い道でちょっと心配でした。学校は授業時間以外に、グラウンドを市民に開放していることもありますが、学校ごとに対応が違うので確認が必要です。

 またある部活はホテル裏の空きスペースで体操をするということでしたが、朝6時から気合の入った大きな声で体操しだし、ホテル宿泊客だけでなく隣接しているマンションの住民からも苦情がきました。

 部活動の道具の持ち込みもけっこうあって、例えば野球部のバットや剣道部の竹刀は慣れた自分の道具で素振りしたいとスーツケース以外に別途梱包して持ってくるというものです。これもいろいろと迷惑がかかる代物です。通行人がいる歩道で素振りして危ないと思われたり、集団でバットもった坊主頭集団が移動していたら市民は恐怖を覚え通報されるとかがありえます。ホテルでの荷物管理、トラック輸送でも数えそこなったり、運びそこなったりの恐れ大です。大事な道具のはずなのに、肝心の持ち主が空港のターンテーブルやバスから取り忘れて現地スタッフに多大な迷惑をかけた生徒もいました。

 育ち盛りでまして運動もしていたらたくさん食べるというのはあたりまえで、規定のメニューの量だけでは足りないこともありえます。レストランによっては白いご飯、またはチャーハンはおかわり可能ということもあります。当日でいきなり言われても対応できないこともあるので、できれば事前に食欲旺盛な生徒が多いとか、おかわり可能な品目や数量を連絡・相談していただけると助かります。部活の生徒が日本に帰ってから、大会で活躍してニュースに名前が出たりすると、私たちも嬉しく思うものです。

知らずにやらかしがちなこと。

f:id:tw_shugaku:20190511081740j:plain

 修学旅行生を直接案内する現地ガイドに、おなじ日本人で高校生と社会人、どっちが大変と聞いたら、ほぼ皆さん「高校生!」と答えます。いろいろ理由はあると思いますが、集約すると、「海外旅行が初めてで日本の常識をそのまま持ち込む」とか、「アレルギーの子が多い、自己体調管理ができない子が多い」というのもあります。「車内やホテル内で騒ぐ」「話を聞かない、聞いても守らない、守らなくても謝らない」など扱いにくい印象が強いようです。但しこれらは社会人の来台旅行、例えば社員旅行でも見られます。普段の仕事では遅刻しないような人も、観光での集合時刻に遅れたり、あるはずもない焼酎を求めるおじさまとか。

 とにもかくにも修学旅行は団体行動が基本で、安全が至上課題です。皆さんを日本の親御さんのもとにお帰しするまで、添乗員、ガイド、我々現地手配、教職員、同行スタッフ、全員気が抜けません。ちょっとした逸脱行為が全員の安全や利便性を損なうこともあることを心に留めておいていただきたいです。

 ここからは修学旅行生が知らず知らずのうちに、現地側人間や同行者に迷惑をかけがちな行為をまとめたものです。

・勝手に離脱。→何が起きるかわからない、まして言葉も通じない海外ですので、個人行動でなくグループ行動が基本です。1人でもいなくなれば、「探す」行為に人手と時間が取られ、この後の日程に大きく影響します。

・万引きなど窃盗、器物の破壊行為。→日本では子供のしたことだと大目に見てくれるようなことでも台湾ではほぼ確実に警察沙汰に。

・バスの乗降がのんびり。→台湾の道路は駐停車が非常に難しい。ドライバーは違反切符を切られるリスクを抱えているので速やかな乗り降りをお願いします。

・生徒がバスの最前列に座る→相次ぐバス事故の教訓から、比較的危険な最前列は基本、空白とし、席数が足らない場合、ガイドや添乗員が座ります。後ろの席でもシートベルトは必須です。

・観光バスは原則飲食禁止です。ペットボトルのミネラルウォーターとお茶飲料のみ許可しているバス会社もあります。スナック菓子やタピオカミルクティーでシートが汚されることをドライバーさんは大変嫌います。

・トイレでトイレットペーパーを流して詰まらせる。→流してもいいトイレもありますが、古い建物のトイレでは流さないよう標記されており、そういうトイレでは紙はくずかごに。

・台湾の悪口を町中で大声で話す。→台湾で日本語がわかる人は大勢います。日本人の集団は良くも悪くも人目を引きますので、言動には注意を払いましょう。

・信号がない箇所で道路を渡るため手を上げてクルマを止めようとする。→歩行者優先?どこ吹く風のクルマ・バイク優先社会では、道路の横断は慎重の上に慎重を期して渡ってください。

・「後でね」「考えておく」「日本に来たら遊びに来てください」など曖昧、社交辞令を気安く言わない。→台湾人は本気で受け取ります。YES、NOは、はっきりと!

国立故宮博物院〜翠玉白菜帰還について

 国立故宮博物院の一番人気の至宝・翠玉白菜(ツイユィバイツァイ)ですが、この半年間、台中で開かれていた花博にて展示されていましたが、会期終了ということで4/30より台北故宮に戻っており、302展示室にて展示されています。

 なお同じ302号室にあった肉型石は、オーストラリアニューサウスウェールズ州立美術館に貸し出されており、ゴールデンウィーク連休後には戻ってくる予定です。

連絡事項の伝達方式

f:id:tw_shugaku:20190427081656j:plain

 台湾現地に着いてから、翌日の日程、変更点や注意事項を生徒全員に伝える方法はいくつかあります。旅行会社の提案と学校側の要望を合わせて作られたしおりそのままを忠実になぞって修学旅行が進行することはまずないと言っていいと思います。

 よくあるのが、夕食後、しおりと筆記用具を取り出させて、添乗員か先生が翌日のことを伝えるやり方。ただ、夕食会場となったレストランにとっては迷惑な話で、さっさと片付けて次のお客さんを入れたいのに居座られては困るというわけです。また、デザートが出て、ガイドに「バスを呼んでください」と指示しておきながら、連絡事項がダラダラ長引いて、バスをレストラン前で待たせるという、台湾のドライバーに一番嫌われる行為を平気で行う学校さんもまだ見受けられます。(台湾都市部は一時停車も原則”瞬間的乗降”のみでありカラのバスが路肩待機すること自体が警察による違反切符→高額罰金はドライバー負担となり、怒りがガイド、教師、添乗員に向かう)

 ホテルのツアーデスク前に生徒全員を集めて夜な夜な大声で連絡事項を話している学校さんもありますが、時間が長引くと他の宿泊客に迷惑がかかります。一方でこういう学校さんもありました。変更点や注意事項をすべてホワイトボードに書き込み、生徒にスマホで撮らせるか筆記させるやり方です。

 伝統的に海外修学旅行を行っている学校さんで多いやり方は「班長会議」と「室長会議」です。6〜10人単位の代表である班長か、2〜3人部屋の代表である室長が会議室などに集められ、翌日のことを伝える。それぞれの長はそれをメンバーに伝える、とかなり手間のかかる、そして又連絡による伝達ミスのリスクもはらむこの方式がいまだ主流なのが理解できません。

 私達台湾人同士の旅行では、卒業旅行でも社員旅行でも、または募集型ツアーであっても、LINEのグループを作り、日程の更新や注意事項はすべてそこで行います。質問やお役立ち情報もそのグループチャット内で「分享(フェンシャン=シェア)され、集合時間の変更があっても皆それを見ているため、遅れてくる人はほとんどいません。この方式をとっている日本の学校さんは聞いた限りでは今のところ東北の私立高校1校だけです。もっと実際にはあるのでしょうが、こういうスマートな伝達方式が広まれば先生や添乗員の負担も減り、生徒は休む時間も増えていいことずくめだと思うのですが。

日台の温度差

f:id:tw_shugaku:20190416223917j:plain

 ここで言う温度差とは気温の差のことではありません。気温差はたしかにあり、先週、東京が桜が咲いているのに気温が5度といいう日、台北では30度近くまで上がり、この日に来台された方は体調を壊さないか心配です。

 今回言うところの温度差は、修学旅行における、日本、台湾両校の受け入れの積極さ、おもてなしの充実度、パフォーマンスの派手さなどの格差を指しています。

 台湾の学校を訪れた日本の修学旅行生はたいてい度肝を抜かれます。バスを降りて校門に入るや、台湾の学校の生徒、先生、保護者が並んで拍手で出迎え、中には鼓笛隊や儀仗隊のお迎えまで。皆さん個人個人の名前を記したカードを持ったバディ(パートナーとも。台湾国語では”夥伴“〈フォバン〉,小天使”〈シャオティエンシィ〉とも呼ぶ)が日本の生徒のアテンド役となり、相手を見つけるや、腕を組んで来て講堂まで案内してくれる場合もあります。あまりの熱烈歓迎ぶりにまるで自分がアイドルにでもなったかのように錯覚するはずです。歓迎式典ではこの日のために一生懸命練習してきたことがわかるハイレベルなパフォーマンスを見せてくれ、スピーチでは日本語ができる生徒or先生or保護者orOGOBが日本語で話し出し、タピオカミルクティーやお菓子がこれでもかと出てきて、最後におみやげ(学校の名前入り学生カバン型ミニポーチが最近の定番)を渡され、またも校門の外まで盛大な見送り。バスが学校から離れ、ずっと手を振っていた台湾の生徒が見えなくなると、涙ぐむ日本の生徒。

 今や修学旅行の双方向性の時代。姉妹校、提携校なら台湾からも生徒・先生が日本を訪問するのも当たり前。しかし、ここで台湾の生徒にとって”あれっ?”と思うこと。台湾の生徒が学校に着いてもシーンとしている。(台湾は町中ならどこもひどく賑やかですが日本は静まり返っていることが多いから余計)やっぱり授業もあるからか、応接役の生徒数名が体育館で出迎え。台湾国語ができる人が一人もいないから、台湾から来た添乗員に通訳も司会も丸投げ。出し物も準備不足が見え見えのダンスとか歌、スピーチも自信なさげでカンペ棒読み。お土産も予算が限られていて、”え?これだけ!?”と台湾の生徒がうっかり口に出してしまうようなちゃちなグッズだったりと、何度か随行したことのある私はいつもヒヤヒヤ、オロオロ。本当は日本の先生に「先生、これはないでしょう!」とか、日本の生徒に「みんなこれでいいの!?」と大声で問いかけたいのですが、行事が粛々と進んでしまっているのを止める勇気もないので、苦虫を噛み潰すように後ろの方で座っている台湾側スタッフがいたら、それは多分私です…。

絶不評のレク

f:id:tw_shugaku:20190326084154j:plain

 修学旅行の思い出にと企画されたレクリエーション活動(以下”レク”)。当事者の生徒さんや先生方は台湾での修学旅行にさらに楽しい1ページが添えられたと喜ばれているかもしれませんが、これが現地の旅行会社、ガイド、ドライバー、ホテル、レストランの面々から大大大不評なのです。

 レクには主にホテルのバンケットルームやレストランの舞台を使用して行う室内型と、バスの移動中に行う車内型とあります。

 室内型はほとんどの場合、夕食後に同じ会場で行われることが多いようです。この場合、マイクや音響、プロジェクターを使用して出し物をすることが多いです。残念ながら台湾のこういう場所で日本並の設備とメンテナンスを期待するのは難しいです。マイクの不調、機器の接続不良など当日の予測外のトラブルも多いです。日本から持ってきた音源などの媒体が台湾側で再生できないことも多々起きています(USBフラッシュメモリが無難です)。機器担当者はもちろん日本語がわかるわけありませんから、付き切りとなる現地ガイドに日程外の仕事を依頼する形になる、不満が溜まります。一番の問題は、レク進行の段取りが悪く、どこの学校さんでも予定時間を軽くオーバーしてしまうことです。日本の方は始まる時間には厳格でも終わる期間がルーズだと言われます。それぞれの班の持ち時間を短縮してと頼んでも、日本で練習したとおりにしかできないと断られます。ある学校さんですが、レストランは食事とレク含めて21時までという条件でした。ところがレクがダラダラと長引いて、22時近くにお開き、レストラン従業員はそのままサービス残業になるようで恨みがましい目で周囲を掃除しながらお気楽に振る舞う生徒達を見ていました。ドライバーもガイドも当然残業で残業代が増えるわけでもなく不機嫌になります。特にガイドはホテルについても先生方や添乗員と翌日の日程の打ち合わせをしてから上がりなので帰宅が午前様になり、また6時間後にはホテルへと駆けつけることになります。私たちは日本人が100%日本語で行うレクをわざわざ海外に来て現地の人々の不興を買ってまで空気を読まずにすることが理解できず、会社としても日本側にご提案することはありません。

 バスの長距離移動は皆さんにとっても退屈なことでしょう。そこで全員参加の車内レクとなるようです。カラオケ(著作権関係で機器が使えなくなりアカペラ)、山手線ゲーム(古今東西)、しりとり、クイズなどがおこなわれるようです。それはそれで構わないのですが、先生方や看護、カメラマン、添乗員はこういう時くらい休ませてほしいはずです。ですからせめてマイクは使わず、静かでいたい人への配慮もわすれず行っていただきたいものです。特にドライバーは朝から夜までずっと緊張を強いられる運転をしています。交通安全の大敵は情緒不安定です。修学旅行とは無関係ですが、以前こんなことがありました。とある山間部のスクールバスで、生徒が乱痴気騒ぎを起こしていたところドライバーがキレて「山猿ども全員降りろ!」と山道に生徒全員置き去りにした事件がありました。また中国人観光客を載せていたドライバーが情緒不安定で自ら車内
に放火し心中を図る事件も起きています。幸い日本からの修学旅行生を載せたバスでは大きな事故も起きておらず安心したいところですが、今後も危険を最小限にするためにも、周りの人たちの気持ちを汲んで行動するようにしてください。
 

値切りの果てに

f:id:tw_shugaku:20181229215706j:plain

 修学旅行担当の高校の先生がこのブログを読んでくださっていることがあるようで、ありがとうございます。修学旅行を無事成功させるために、情報を一生懸命収集したり、旅行会社と相談・交渉をする、それも日常の教職と並行しての作業ですから、プレッシャーもひとしおだと拝察いたします。

 ただ、その熱心さのベクトルが「価格」に向き過ぎているきらいのある学校さんをちらほらと見かけるようになり、気になったので取り上げることにしました。生徒さんの安全を最重視し、それを追求していくと、バスは定員より少なめのゆとりあるバス席となり割高。看護師も1〜2人同行させると旅行費がアップします。また快適さを追求すると、初日にミネラルウォーター手配でその分追加請求。より良いホテルにするだけで数千円アップ。何かをさらに求めればそれだけ対価が必要となるのが経済の常識です。

 ところが中には「価格ダウン」を至上命題にして、旅行の安全・安心、快適性を損なうことに繋がる事例が散見されるのです。顕著なのは食事。一人当たり数百円ケチるだけでこうも違うのかといいたくなるくらい皿数や味が落ちます。ホテルも値段だけ見て安さだけを求めれば、郊外の不便な立地のホテルになることが少なくありません。さらに旅行費用を削ろうとすると、後は人件費。究極的には添乗員なしの団体すらあり、すべて先生方と現地ガイドでのみ遂行していきます。これは余程何度も来慣れている学校さんでのみ通じる荒技です。そして現地ガイドの費用を削るパターンもあります。B&Sの最中、日本の高校生は台湾の大学生が市内を案内します。そこで先生方はその間、美味しいものを食べに行きたい、どこどこに見学に行きたいとお申し出になり、ガイドさん、どこどこまで一緒に付いて案内してくださいと要望されることもあります。ところが費用を削った団体ですと、B&Sの間の日当がガイドには支払われないことが多くなり、お断わりされるか、追加料金を要求されることのなるわけです。バス料金にも同じことが言えます。朝、ホテルからB&S出発地まで観光バスを使い、7時間後、B&S集合地から夕食会場〜ホテルとバスを使う場合、真ん中の7時間はバスを車庫に返すか、他の仕事に使ってもらいます。ですから生徒や先生はバスに物を置いておくことが出来なくなるのです。